世界の言語と日本語

基本情報

科目名
世界の言語と日本語
プログラム
言語文化
担当教員
吉田健二、教員
曜日
木曜日
時限
3時限
教室
36-682
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

言語類型論(LinguisticTypology)は,世界の言語の特徴をできるかぎりひろくしらべ,ヒトの言語にとって普遍的な要素は何か(そもそも普遍的な要素はあるのか),逆に,言語はどこまで多様にことなりうるのかなどの問題を探求する研究分野です.この授業では,世界の言語の類型論的傾向にてらしたときの日本語の位置・特徴を考察し,日本語の研究が,世界言語の類型論的研究にどのような洞察をもたらすか検討します.
 主要なテキスト・資料は、ドイツのMax-Planck研究所が開発したWorld Atlas of LanguageStructure(WALS)という言語類型論の研究者むけデータベースです.WALSは,言語の構造上のタイプ(類型)にかんする192の項目について,総数2697、平均400言語の情報を分類し,地図上にしめしたもので,インターネット上で公開され,現在も拡充されています.授業では毎回,2〜3名の受講者に,その回のテーマに関連したWALSの章の記述を要約して説明してもらいます.授業計画の末尾の数字は,予定している章番号です.また,担当講師(吉田)も各回の内容に関連したみじかい講義を行います.

授業計画

1:
第1回 WALSの概要(Introduction)/ 報告者などの決定

2:
第2回 類型論研究のデータ:語順(81, 82, 83)

3:
第3回 言語類型間の関連(95, 96, 97)

4:
第4回 語彙構造の類型論(131, 132, 133, 138)

5:
第5回 言語類型の変化:格組織(98, 99)

6:
第6回 言語類型を定義すること:格組織・態(107, 108)

7:
第7回 人類言語の「普遍性」:関係節(122, 123)

8:
第8回 言語類型と社会構造:形態論(22, 49, 55)

9:
第9回 言語類型論と方言:テンス・アスペクト(65, 77, 78)

10:
第10回 言語類型と生活形態:親族名称(129, 130)

11:
第11回 言語類型の多寡:接辞(25, 26)

12:
第12回 単純 / 複雑なタイプ:音韻組織の類型(1, 2, 3)

13:
第13回 日本語音韻の類型論的特徴(4, 7)

14:
第14回 言語類型と地理(8, 9)

15:
第15回 韻律の類型論(12, 13)