複合文化論系演習(生活環境感性論)

基本情報

科目名
複合文化論系演習(生活環境感性論)
副題
衣食住の思想を再考する
プログラム
感性文化
授業タイプ
演習
担当教員
伊野連、教員
曜日
水曜日
時限
3時限
教室
31-202
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

衣食住は人間の文化的生存の最も根底的な基盤です。この授業では、その衣食住の思想についてあらためて考察することを目的としています。我々が何気なく考えている衣食住について再検証することで、今まで見えていなかった問題点が見えるようになるかもしれませんし、また、そのことで我々の生活がより良いものになるかもしれません。そうした可能性を模索することがこの授業のねらいです。
 例えば「食」について再考するならば、食は言うまでもなく、我々の生存を成り立たせる第一の要素です。近年の食品偽装報道や、環境倫理的視野に基づく持続可能社会について考察することが必要となるでしょう。
 あるいは「衣」に関しては「モード」を、また、「住」に関しては「建築」を、それぞれ考察することも意義あることでしょう。

授業計画

1:第1回 イントロダクション 衣食住の感性とは
 2:第2回 食について1
 3:第3回 学生発表
 4:第4回 学生発表
 5:第5回 住について1
 6:第6回 学生発表
 7:第7回 学生発表
 8:第8回 食について2
 9:第9回 学生発表
 10:第10回 学生発表
 11:第11回 衣について
 12:第12回 学生発表
 13:第13回 住について2
 14:第14回 学生発表
 15:第15回 教場レポート作成・提出