複合文化論系演習(カルチュラル・スタディーズと人類学)

基本情報

科目名
複合文化論系演習(カルチュラル・スタディーズと人類学)
授業タイプ
演習
担当教員
松平俊久
曜日
火曜日
時限
3時限
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

 カルチュラル・スタディーズは、「高級文化」(ハイ・カルチャー)ではなく、それまで学問的には等閑視されがちであった、TVや広告、映画、ポップミュージック、ファッション、アニメ、ゲームなどの「大衆文化」(ポピュラー・カルチャー)を主たる対象としながら、私たちの日常生活(実践)との関わりのなかで「文化」をさまざまな理論や概念、方法を用いて理解・考察していくことを基本とする研究領域です。そのスタンスは、同じく「文化」を対象とし、実証的にアプローチしていく学問である文化人類学とけっして無関係ではなく、むしろ両者には相互性がみられるといえます。本授業では、そうした関係をもつカルチュラル・スタディーズと文化人類学双方の基本的な特徴・性格を踏まえて、「文化」の多様性に触れ、その見方・考え方についてともに学び、考えていきます。
 授業形式は、導入として数回講義を実施しますが、演習であることに鑑み、各自が関心をもつ身近な対象・テーマについて発表(個人発表ないしグループ発表)をし、発表後に質疑応答(議論)をおこなってもらうという、履修者主体の実践的なものとなります。その際、講師からは発表へのフィードバックとしてコメントを出します。そして最終的には、発表内容をブラッシュアップし、レポートとして文章化するという作業をおこなってもらいます。

授業計画

第1回 オリエンテーション
この回では、本授業の目的と概要、および発表の際の注意点などを説明します。また、発表日程についても決定します。

第2回 文化人類学のエッセンス
この回では、文化人類学について、その基本的な視座や研究方法、カルチュラル・スタディーズとの関係などについて概説します。

第3回 カルチュラル・スタディーズのエッセンス
この回では、カルチュラル・スタディーズについて、その基本的な視座や研究方法、文化人類学との関係などについて概説します。

第4回 文化人類学とカルチュラル・スタディーズの比較
この回では、第2回と第3回の講義内容を振り返りつつ、文化人類学とカルチュラル・スタディーズの比較をおこない、両者のさらなる理解を深めます。

第5回 表象文化論――西欧怪物にみる文化の政治性
この回では、「表象文化論」と題して、講師の研究テーマの1つである西欧怪物を表象と捉え、カルチュラル・スタディーズの関心事の1つである「文化の政治性」を見出す講義をおこないます。

第6回 履修者による発表
この回から履修者に発表をしてもらいます。発表後には、各自の発表について履修者間で質疑応答(議論)をおこないます。

第7回 履修者による発表
同上。

第8回 履修者による発表
同上。

第9回 履修者による発表
同上。

第10回 履修者による発表
同上。

第11回 履修者による発表
同上。

第12回 履修者による発表
同上。

第13回 履修者による発表
同上。

第14回 履修者による発表
同上。

第15回 授業のまとめないし予備日
授業の総括をします。場合によってはこの回に発表をおこなうこともあります。