文化人類学ゼミ(<伝統>文化とその変動)(秋学期)B

基本情報

科目名
文化人類学ゼミ(<伝統>文化とその変動)(秋学期)B
副題
下町を文化人類学的に歩く、見る、調べる。
プログラム
文化人類学
授業タイプ
ゼミ
担当教員
小田島理絵
曜日
火曜日
時限
6時限
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

 文化人類学をより専門的に知ってもらうため、基礎理論の確立を目指す。特に文化のもつ保守性とそれを変えてゆこうとする力、およびそうした環境の変化への適応の仕方について、理論的な文献学習とディスカッションを通して、知識を深める。その上で、東京の下町についての先行研究検討、東南アジアの社会と文化についての先行研究検討を行い、東京、そして時に応じて東南アジアでのフィールド調査の検証準備を行う。

授業計画

(ここに挙げたスケールはあくまでも仮のものである。学生の要望に応じて、適宜変更する可能性があることご承知おきください)
1.イントロダクション
2.研究の方法
3.問題の設定
4.下町フィールド調査
5.学生のゼミ論中間発表
6.学生のゼミ論中間発表
7.学生のゼミ論中間発表
8.学生のゼミ論中間発表
9.学生のゼミ論中間発表
10.下町フィールド調査
11.学生のゼミ論中間発表
12.学生のゼミ論中間発表
13.ゼミ論完成発表会
14.ゼミ論完成発表会
15.後期(秋学期)のまとめ