文化人類学の最前線2

基本情報

科目名
文化人類学の最前線2
副題
文化人類学の多様なアプローチを学ぶ
授業タイプ
講義科目
担当教員
酒井貴弘、牛山美穂、黒崎岳大、成田弘成、三浦恵子
曜日
土曜日
時限
2時限
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

 文化人類学は、人間の営みを総合的に扱う学問と表現できる。この文化人類学の発展過程で従来研究の対象とされてきたものは、いわゆる「辺境」と呼ばれる地域に存在する、比較的小規模な社会であった。
 しかし、世界システムが急速に拡大し、グローバリゼーションがいたるところで唱えられている今、文化の境界が極めて不明瞭になってきている。こうした状況下で、近年の文化人類学には2つの大きな潮流が見られる。一つは文化人類学の終焉を唱える悲観的な見方であり、他方は文化人類学がこれまで培ってきた知識と研究方法を、「現代の文化現象」の分析と解釈へ積極的に応用しようとする挑戦的・萌芽的試みである。
 本講義では、この後者に重点を置きながら、文化人類学という学問が置かれている現況を示し、各細目領域における最新の研究成果をわかりやすく解説する。その上で、文化人類学が、人間社会の未来についてどのような問題提起を行っているのか、それに対して自らどのような答えを導き出そうとしているのかを示す。
 授業では、現代世界を文化人類学がどのように見て、分析しているのか、どのような点に着目しなければならないのか、さらにはそうした問題を分析していくにはどのようなアプローチが有効なのか等、さまざまなトピックを取り上げながら解説していく。

授業計画

第1回 授業を始めるにあたって、日本民俗学の最前線1(酒井 貴広)
第2回 日本民俗学の最前線2(酒井 貴広)
第3回 日本民俗学の最前線3(酒井 貴広)
第4回 文化政策研究の最前線1(黒崎 岳大)
第5回 文化政策研究の最前線2(黒崎 岳大)
第6回 文化政策研究の最前線3(黒崎 岳大)
第7回 「文化と医療」研究の最前線1(成田 弘成)
第8回 「文化と医療」研究の最前線2(成田 弘成)
第9回 「文化と医療」研究の最前線3(成田 弘成)
第10回 「文化と観光」研究の最前線1(三浦 恵子)
第11回 「文化と観光」研究の最前線2(三浦 恵子)
第12回 「文化と観光」研究の最前線3(三浦 恵子)
第13回 現代医療と人類学研究の最前線1(牛山 美穂)
第14回 現代医療と人類学研究の最前線2(牛山 美穂)
第15回 現代医療と人類学研究の最前線3(牛山 美穂)