超域文化ゼミ(都市と美術) (春学期) A /共通ゼミ (アートのコンテクスト)/比較文学ゼミ1(アートのコンテクスト)

基本情報

科目名
超域文化ゼミ(都市と美術) (春学期) A /共通ゼミ (アートのコンテクスト)/比較文学ゼミ1(アートのコンテクスト)
プログラム
超域文化
授業タイプ
ゼミ
担当教員
坂上桂子
曜日
火曜日
時限
5時限
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

 都市と美術の諸問題を多角的に考えていきます。私たちの暮らす都市が、安全で便利であることは穏やかで安心できる暮らしを支える重要な要件です。しかし、質の高い、豊かな生活を実現するためには、ただ、安全で便利である、ということだけでは十分とはいえません。美術やアートの力は、美しい街並みや環境を創造し、私たちの暮らしや生活の質を高め、私たちの人生を豊かにしてくれる重大な要素です。都市のなかにおける美術や美的な力について、ここでは皆で一緒に見つけ、考察していきます。具体的には、都市のなかの街並み、建築、美術館、ギャラリー、パブリックアート、アートイベントなどを中心に、都市を総合的に俯瞰してみていきます。授業では、こうした問題を具体例に探るべく、見学会などを実施しつつ、グループ学習を中心に進めます。なお春学期には、韓国の大学(漢陽大学、慶熙大学、成均館大学)との交流授業をソウルで実施する予定です。そのため、前半はとくに、ソウルの各大学にて行う交流授業のための準備を中心に行います。

授業計画

 [第1回]オリエンテーション
 [第2回]授業計画の概要
 [第3回]交流授業のテーマ設定
 [第4回]交流授業のための準備
 [第5回]交流授業のための準備
 [第6回]交流授業のための準備
 [第7回]ソウルにて交流授業
 [第8回]交流授業における成果発表
 [第9回]受講生による発表とディスカッション
 [第10回]受講生による発表とディスカッション
 [第11回]展覧会見学
 [第12回]受講生による発表とディスカッション
 [第13回]受講生による発表とディスカッション
 [第14回]受講生による発表とディスカッション
 [第15回]まとめ