言語文化ゼミ(ことばと文学・ことばと美意識) (春学期)

基本情報

科目名
言語文化ゼミ(ことばと文学・ことばと美意識) (春学期)
プログラム
言語文化
授業タイプ
ゼミ
担当教員
陣野英則
曜日
火曜日
時限
3時限
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

 このゼミは、昨年度までの「感性文化ゼミ(日本の美意識)」をひきつぐ。おもに日本のことばと文学を中心にとりあげるが、「日本の美意識」をあつかってきたこれまでのゼミの性格を継承すべく、美、日本文化の特質などについても考える。
 考察の対象は、前近代から近現代にかけてのことば、文学、藝能、藝術、思想などはもとより、近年のサブカルチャーなどにまでわたることがありうるし、アプローチのしかたも多岐にわたってよいのだが、特に次の(1)~(3)の点を重視しながら、各人の研究テーマを明確なものにしてゆく。
 (1) 前近代のことば、文学、文化に留意する。
 (2) 近代以降において、西欧のことば、観念などとの接触がもたらしたものを意識する。
 (3) 日本のことば、文学、文化が海外でどのようにみられ、また受容されているのかをとらえる。
 春学期は、特に(1)を重視して関係する文献をとりあげ、3年生に発表してもらう。また、4年生についてはゼミ論の構想発表、中間発表などが課される。

授業計画

 以下に示すのは、あくまでも暫定的な計画であり、ゼミ生各人が関心を寄せる分野、領域などを確認しながら、とりあげる文献、課題などを決め、授業内容を編成することとする。 
 ①4/7 オリエンテーション
 ②4/14・③4/21・④4/28  前近代のことばと文学・文化に関する重要文献の紹介と解説(1)~(3)
 ⑤5/12・⑥5/19・⑦5/26・ ⑧6/2  【4年】ゼミ論構想発表(1)~(4)
 ⑨6/9  【3年】文献Aに関する発表、 【4年】ゼミ論構想発表(5)
 ⑩6/16 【3年】文献Bに関する発表、 【4年】ゼミ論(一部)の研究発表(1)
 ⑪6/23 【3年】文献Cに関する発表、 【4年】ゼミ論(一部)の研究発表(2)
 ⑫6/30 【3年】文献Dに関する発表、 【4年】ゼミ論(一部)の研究発表(3)
 ⑬7/7  【3年】文献Eに関する発表、 【4年】ゼミ論(一部)の研究発表(4)
 ⑭7/14 【3年】文献Fに関する発表、 【4年】ゼミ論(一部)の研究発表(5)
 ⑮7/21 【3年】研究計画に関する確認など、 【4年】ゼミ論(一部の)研究発表(6)