文化人類学1

基本情報

科目名
文化人類学1
副題
なぜ人類学を学ぶのか?
プログラム
文化人類学
授業タイプ
講義科目
担当教員
國弘暁子、教員
曜日
火曜日
時限
4時限
教室
36-682
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

人類学(Anthropology)とは、人間(anthroposギリシャ語)について研究する学問(logy)であ。アメリカの文化人類学(Cultural Anthropology)、イギリスの社会人類学(Social Anthropology)、フランスの民族学(Ethnology)など、使用される名称は地域によって異なり、それらは学史的な違いはあるものの、今日では研究の射程における違いはさほど見られない。本講義では、西洋で誕生した人類学の発展に貢献してきた先駆者たちの業績を紹介しながら、それらが現代社会に生きる私たちにとってどのような意味があることなのかを学ぶ。異文化に生きる人々の生活のあり方に関する人類学の研究蓄積を学ぶことは、私たちの身近にある出来事のなかに彼らとの共通項を発見することにつながり、そのような比較の視座を体得することによって、諸文化の多様性のなかに普遍性を見出す作業が可能となる。

授業計画

1:
第1回
本講義の目的と概要についての説明
2:
第2回
人類学の誕生と進化論
3:
第3回
進化論と宗教
4:
第4回
文化相対主義と新進化論
5:
第5回
贈与論
6:
第6回
親族研究(1)インセスト・タブー
7:
第7回
親族研究(2)構造主義
8:
第8回
親族研究(3)生殖医療と家族
9:
第9回
医療の研究
10:
第10回
植民地主義
11:
第11回
オリエンタリズム
12:
第12回
フィールドワーク
13:
第13回
文化を書く(1)
14:
第14回
文化を書く(2)
15:
第15回
まとめ