愛の諸相

基本情報

科目名
愛の諸相
副題
“胸キュン”文化論 ――「月9」のラブストーリーを読みとく
プログラム
感性文化
授業タイプ
講義科目
担当教員
教員、柿谷浩一
曜日
金曜日
時限
5時限
教室
38-AV
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

近年のラブストーリーには、「胸キュン」が重要なキーワードになっています。この言葉に無縁な作品を探すのは、もはや困難なほどです。ですが、そうした状況にありながら、映像=物語の中に見ている「胸キュン」とは、そもそも何か。その本質について、あらためて考えたことがある人は、どれぐらいいるでしょうか。私たちは、どのようなシーンに、そこにあるどういった要素に、どんな形で「キュンキュン」し、それを「胸キュン」と呼んで取り出すのでしょうか。この問いに充全に答えようとすれば、相当の映像=物語分析と多角的な検証が必要となるでしょう。大胆にもそれを試みてみようというのが、この講義です。
 「胸キュン」という言葉自体は広く浸透していますが、その文化的な位置づけや、学術的な定義といったものは、十分に定まっていないのが現状といえます。恋愛ものにお決まりの要素(告白やキスシーンなど)なら、何でも「胸キュン」に相当するというわけではありません。そこには、大衆の中で暗黙のうちに一定程度了解されている条件や規則といったものがあるようです。定番のシチュエーションや動作というのもありますが、それも作品ごとに、時間が経過するごとに、中身も意味も変化しています。この授業では、ラブストーリーに必要不可欠になった、変容めまぐるしい「胸キュン」の実体と、それを取りまく現代文化の実相に迫っていきます。
 授業初回に、受講生の皆さんに投げかける問いを、問題提起に先取りして記しておくことにします(もちろん、これが正解なわけではなく、あくまで思考の「叩き台」としてです)。
 「胸キュン」は、作品に《描かれている》ものではありません。もっといえば、そこに《存在してある》ものでもありません。幾つかの要件を満たす時に、物語の断片に立ち上がってくる《現象》と考えられます。想像力を用いて、観る側が生成・実践する《経験》と言い換えてもよいかもしれません。この要件には、出来事の状況性、言動のリアルさ、キャラクターの強度、場面の意外性、恋愛観といった価値観の反映度、台詞や音楽(劇伴)との相関など……多くの事柄が複合してきます。もちろんそこには、「胸キュン」の基本の一つである「(二次元から三次元への)写実化」というメディアミックスの問題も含まれます。ですが、あくまでも授業では、漫画等の原作と映像との比較といった方向ではなく、一つの映像作品=物語の中で「胸キュン」とされ、時にネット等を介して話題になるようなシーンで、いったい何が起こり、何を経験しているか(何を観ているのか、あるいは観ていないのか)に主に焦点を当てて、「胸キュン」のエッセンスを確認・蓄積し、できるだけ学際的に体系化していくことにします。ですので、授業のイメージとしては「胸キュン」のシーン分析、あるいは作品分析が多くを占めることになるでしょう。
 考えるべき問題はたくさんあります。なぜ、「ドキドキ」「トキめく」「萌える」といった言葉=概念ではダメなのか、これらと何が違うのか(違わないのか)。なぜ、必ずしもそうした性格を持たない作品にまで、「胸キュン」(の要素)を積極的に抽出しようとするのか。「壁ドン」「顎クイ」「頭ポンポン」といった名前を付して消費が行われるのか……。さまざまな「胸キュン」をめぐる文化事象とその根源にある問題点を、複数のラブストーリーを横断しながら考察し検証していきます。
 研究対象は、「月9」のラブストーリーを中心にします。
 2016年の「月9」――。
 昨年放送された4作品は、「胸キュン」という観点から見返してみると、作り手の意図や戦略とは別に、“結果的に”それぞれ独自の形で「胸キュン」な作品として成立し、また「胸キュン」とテレビドラマの関係をめぐって相互に問題提起をしていたようにも捉えられなくもありません。〈胸キュン・ラブコメ〉の予告に沿って、「胸キュン」を前面に押し出した『好きな人がいること』(7月期、主演=桐谷美玲)では、主人公の恋模様を通し、種類と質の違う3つの「胸キュン」から、その多様化(性)を主題にしていました。暗く重いテーマ設定のもと〈キュンと痛くなる“リアル・ラブストーリー”〉を目指した『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(1月期、主演=有村架純、高良健吾)では、「胸キュン」本来の意味である、胸が締めつけられるような哀切や痛みといった感情を、徹底追求していました。また『ラヴソング』(4月期、主演=福山雅治)では、吃音というテーマのもと「胸キュン」と台詞=言葉の関係性を深く問いかけていましたし、『カインとアベル』(10月期、主演=山田涼介)は、社会的に要求される「胸キュン」をどこまで抑えながら、現代のラブストーリーが作れるかに挑戦していました。
 さまざまな《愛》を描く「月9」ラブストーリーが見せた、作品ごとの「胸キュン(文化)」との距離感、関わり合い方は実に示唆に富んでいたように思われます。授業の話(論)の展開次第で、どこまで作品を取り上げきれるかは分かりませんが、『スキコト』の下敷きともいえる、同じ作り手(プロデュース・脚本)による『恋仲』(主演=福士蒼汰、2015年)、『いつ恋』と同クールに放送され比較された『ダメな私に恋して下さい』(主演=深田恭子、TBS)など、受講生の意見や反応もみながら、適宜必要な作品には積極的にふれていく予定です。そこにはドラマに限らず、映画の話題作も含みます。そして、「胸キュン」なラブストーリーといえば、その原点をなすといってもよい「月9」作品として、『プロポーズ大作戦』(主演=山下智久〔以下同〕、2007年)、『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』(2009年)、『SUMMER NUDE』(2013年)は、避けて通ることができません。『世界の中心で愛をさけぶ』(映画・ドラマともに2004年)といった作品を中心に、いわゆる「純愛もの(ラブストーリー)」が社会ブームになった2000年代半ばから、2010年代から現在にいたる「胸キュン」現象へ……文化では何が起きていたか、その変遷と展開を追うような話題も、必然的に出てくることになるでしょう。
 《愛》を表現しようとする作品にとって、また現代文化にとって、欠くことのできないものになった「胸キュン」を、現在のラブストーリーの諸相とともに、問題点を紡ぎながら一つ一つ考えてみましょう。
 テレビドラマは楽しく、面白く見るものです。とりわけ「月9」のラブストーリーは、その傾向が強いかもしれません。実際、難解な作品は多くありません。しかし一方で、分かりやすい表層のストーリーの下に、目を凝らすことで初めて見えてくる、奥深い巧妙な「演出」が潜んでもいるのも事実です。それは、まるで〈小説〉や〈文学〉のようです。そうした一つに「胸キュン」も関わっているはずなのです。空間(シーン設定)、カメラワーク、台詞の構図、音響効果、衣装(ファッション)……ワンシーンに凝縮された、さまざまなものが基盤となって「胸キュン」は生まれ、私たちに届くのです。そのメカニズムを、その原理を、その本性を、一緒に丁寧に検証してみませんか。

 (授業の性格上、「物語とは何か」「ドラマ・映画を観る」とはどういうことか、をめぐって私なりの考えや視点を伝えることも必要になります。その点で、ここ数年の講義授業で話した話題と重なるところが部分的に出てくるかもしれません。また、各回の作品テーマや素材的に、抱き合わせて検討した方がよい作品が、挙げたものとは別にあることもあります。そのため、柔軟に考察を進める関係で、内容や計画の一部を変更する場合がありえます。これらを了承して、受講して下さい。)

 まずは、新月9『突然ですが、明日結婚します』(主演=西内まりや)、〈ドロキュン〉をテーマにした新ナイトドラマ『奪い愛、冬』(主演=倉科カナ、テレビ朝日)、あるいは〈胸キュン200%のラブストーリー〉として公開前から話題の映画『ひるなかの流星』(演=永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐他)辺りにふれつつ、講義の導入を作れたらと考えています。

 最後に、「授業方針」に関して、少し触れておきます。
 先にも少し書きましたが、扱う対象から分かるように、映像における「胸キュン」に関しては、そもそも研究がまだ多く存在しません。そうした意味でも、教室では、作品や現象について誰々がこう述べているといった、いわゆる「先行研究」に拠った考察は多く行いません。むしろ、私なりのやり方で、作品そのものを相手に分析・解釈して見せることで、問題を独自に浮かび上がらせることを大事にしたいと考えます(補助線として、文学理論や現代思想を参照することはもちろんありますが)。時に失敗もあるかもしれませんが、それも恐れずに、毎回毎回、シーンと作品に挑んでいく「文化構想学部」らしい、実践の場を作れたらと願っています。ですので、学問的知識や情報を体得するような類の授業にはなりません。受講生の皆さんも、私と一緒にあれこれ積極的に考えて下さい。そして、時には「それは違うんじゃない」、「私ならこう考えるけど」、「最新の現状からみるとこうでは」といった反応=反論を、リアクションペーパーを通して、ぶつけてほしいと思います。皆さんの面白い見方や、私と異なる解釈も、折にふれて紹介していきたいと思っています。
 ――人によっては、見方によっては「胸キュン」は、一過性のうわべの消費・現象にすぎないという意見もあります。ですが、ここまで多くの人を惹きつけ、その文脈に沿って多くの作品が作られている現状に、顔をそむけるのは「現代文化研究」として、また「文化構想学部」という場として、違うだろうと思うのです。そこには何かしら、重要な文化的意味と意義があるはずです。時に悩んで唸り、時に分析資料に実際に「キュンキュン」しながら、「胸キュン」を学問する一歩を踏みだしてみましょう。15回の授業の中で、1回でも「あっ」という驚きに似た発見があったり、皆さん自身から「これだ」と納得できる解釈が出てきたなら、この講義はまず成功です。まだ「本」には書かれていない、誰も真正面から向き合っていない、リアルタイムに進行する文化現象について、その方法論の模索を含めて、真剣に考えてみようという意欲ある学生と、教室で出会えるのを楽しみにしています。

授業計画

1:
第1回
オープニング + 「胸キュン」をめぐる近年のドラマ・映画
※以下は便宜上の分析項目です、順序やテーマの調整もありえます
2:
第2回
『好きな人がいること』分析① :千秋(三浦翔平)という物語、そこにおける魅惑の《笑顔》の方法
3:
第3回
『好きな人がいること』分析② :「現実/虚構」を無効化する三浦翔平の演技(力) 【『奪い愛、冬』、『翔熱大陸』などを補助線に】
4:
第4回
『好きな人がいること』分析③ :夏向(山崎賢人)と冬真(野村周平)という“イケメン”パズル
5:
第5回
映画『ひるなかの流星』研究 :ドラマでは描けない《爽快さ》の(不)可能性
6:
第6回
『いつかこの恋を思い出して泣いてしまう』分析① :朝陽(西島隆弘)の《台詞》が胸を締めつける理由
7:
第7回
『いつかこの恋を思い出して泣いてしまう』分析② :坂元裕二の方法は「胸キュン」を描くことができるか?
8:
第8回
『ラヴソング』分析① :なぜ公平=福山雅治が主題歌ではなかったか?
9:
第9回
『ラヴソング』分析② :「ラヴ」を《歌う/聴く》ことの難しさ、それを越境する空一(菅田将暉)の歌
10:
第10回
映画『近キョリ恋愛』研究 :「お姫様抱っこ」から「王子様抱っこ」へ
11:
第11回
『カインとアベル』分析① :優(山田涼介)の《可愛いさ》を支えたもの
12:
第12回
『カインとアベル』分析② :劇伴(サントラ)が生みだす愛と恋
13:
第13回
「胸キュン」の系譜学① ― 『SUMMER NUDE』を軸に
14:
第14回
「胸キュン」の系譜学② ― 『ブザービート』を軸に
15:
第15回
「胸キュン」の系譜学③ ― 『プロポーズ大作戦』を軸に