言語文化ゼミ(ことばの表記・ことばの伝達) (春期) A

基本情報

科目名
言語文化ゼミ(ことばの表記・ことばの伝達) (春期) A
副題
文字論と音韻論
プログラム
言語文化
授業タイプ
ゼミ
担当教員
古屋昭弘、教員
曜日
金曜日
時限
3時限
教室
33-807
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

アジアの諸言語の、文字を中心とする表記の現状と歴史を見ながら、音声言語と文字の関係、文字の類型、書記メディアの素材と形態、書籍の流通、印刷文化などについて皆で考える。漢字、日本の仮名、ハングル、チベットやタイを含むインド系文字、ウイグルでも使用されるアラビア字、インドネシア・ベトナム・トルコで使用されるローマ字、モンゴル語を表す縦文字やキリル文字などのほか歴史的なものも扱う予定。春期は言語学の部門としての文字論や音韻論を中心に勉強する。

授業計画

 アジア諸言語の文字表記に対する共時的・通時的研究を通して、複雑な様相の中に一定の法則を見出す能力や、多様性を前提にした柔軟な思考力を身につけてもらうことを目標とする