感性文化ゼミ(メディア・コミュニケーション論) (春学期)

基本情報

科目名
感性文化ゼミ(メディア・コミュニケーション論) (春学期)
副題
グローバリゼーションとメディア・AI(人工知能)
プログラム
感性文化
授業タイプ
ゼミ
担当教員
高橋利枝
曜日
金曜日
時限
5時限
授業シラバス
[シラバスへのリンク]

授業概要

 私たちはこれまで経験したことがないような変動する世界に生きています。加速するグローバル化とデジタル化、AI(人工知能)化によって、日常生活はチャンスとリスクに満ちています。このゼミでは、このような時代を生きるゼミ生のために、①グローバル化、デジタル化された現代社会におけるチャンスとリスクについて理解を深めるとともに、②コミュニケーション能力を身に付けることを目標としています。
  現代社会においてメディア(ソーシャルメディアやAIを含む)は、ビジネス、政治、経済、教育、医療、スポーツなど至る所に入り込んでいます。携帯電話やインターネットは私たちの日常生活において様々な人や文化を結びつけ、グローバル化を推し進めています。このゼミでは共同プロジェクト(YMG: Youth, Media and Globalisation)を通じて、現代のグローバル社会における科学コミュニケーション技術の発展によって得られるチャンスとリスクについて明らかにしていきます。
 授業ではまず、グローバル化された現代社会を理解するためにグローバリゼーションに関する文献、またデジタル化やAI化を理解するためにメディア・コミュニケーションやAIに関する主要な文献の講読やリサーチを行います。そしてゼミ生各々の関心分野によってグループにわかれ、プレゼンテーションを行います。この時、ゼミ生全員は積極的にディスカッションに参加することが期待されます。グループワークによって基礎的な知識を習得し共有すると同時に、スマートフォンやソーシャルメディア、AIやロボットの利用に関する街頭インタビューやビデオ製作、メディアやIT関係者とのディスカッション、企業とのコラボレーションや他大学との合同ゼミなど様々な実践的な活動も行なっていきたいと考えています。このように本ゼミでは理論的かつ実践的にグローバル社会におけるメディアやAIの社会・文化的役割について理解し、グループワークやプレゼンテーションを通じて各々のコミュニケーション能力に磨きをかけることを目標としています。
 3年生はグループワークによる共同プロジェクトを行います。前期は文献講読やリサーチ、ビデオ製作などによって基礎的な知識の習得を目標とします。後期はフィールドワークなどの結果をゼミ生全員で一つの報告書にまとめていきます。共同プロジェクトに参加して知識や方法論を共有しながら、自分の関心にあったテーマを見つけ、来年度のゼミ論に備えましょう。  4年生は様々なゼミ活動や共同プロジェクトに参加しながら、それぞれが立ち上げた個人プロジェクトを積極的かつ自立した姿勢で遂行し、ゼミ論を完成させていきましょう。まず、4月に個人プロジェクトの研究プロポーザルの発表をします。前期の最後には序章、理論的枠組み、方法論に関する論文を提出するとともに、夏休み中のフィールドワークの計画について発表を行います。

授業計画

第1回
オリエンテーション(本演習の目的と概要)、自己紹介
第2回
テーマの設定、グループ分け
第3回
概要と問題点の報告:教育分野
第4回
概要と問題点の報告:企業・マーケティング・広告分野
第5回
概要と問題点の報告:研究・リサーチ分野
第6回
概要と問題点の報告:EU/各国政府・政策
第7回
概要と問題点の報告:NPO/NGO活動
第8回
フィールドワークの準備・質問項目作成、映像マテリアルの企画
第9回
フィールドワーク
第10回
フィールドワーク分析報告、映像マテリアルの作成
第11回
各班プレゼンテーションとディスカッション
第12回
各班プレゼンテーションとディスカッション
第13回
共同プロジェクト調査質問項目の決定
第14回
レポート報告と提出、映像マテリアルの上映会
第15回
総括